スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回 日本橋ストリートフェスタ2014 【追加7】

IMG_1011.jpg
IMG_1015.jpg
IMG_1016.jpg
IMG_1020.jpg
IMG_1022.jpg
IMG_1023.jpg
IMG_1024.jpg
IMG_1026.jpg
IMG_1027.jpg
IMG_1028.jpg
スポンサーサイト

第10回 日本橋ストリートフェスタ2014 【追加6】

IMG_0984.jpg
IMG_0988.jpg
IMG_0991.jpg
IMG_0993.jpg
IMG_0998.jpg
IMG_0999.jpg
IMG_1000.jpg
IMG_1006.jpg
IMG_1007.jpg
IMG_1008.jpg

第10回 日本橋ストリートフェスタ2014 【追加5】

IMG_0956.jpg
IMG_0960.jpg
IMG_0962.jpg
IMG_0964.jpg
IMG_0969.jpg
IMG_0971.jpg
IMG_0972.jpg
IMG_0977.jpg
IMG_0979.jpg
IMG_0982.jpg

第10回 日本橋ストリートフェスタ2014 【追加4】

IMG_0937.jpg
IMG_0938.jpg
IMG_0941.jpg
IMG_0945.jpg
IMG_0948.jpg
IMG_0946.jpg
IMG_0950.jpg
IMG_0951.jpg
IMG_0953.jpg
IMG_0955.jpg

第10回 日本橋ストリートフェスタ2014 【追加2】

IMG_0873.jpg
IMG_0875.jpg
IMG_0877.jpg
IMG_0878.jpg
IMG_0879.jpg
IMG_0882.jpg
IMG_0885.jpg
IMG_0892.jpg
IMG_0896.jpg
IMG_0898.jpg

無題

502.jpg
EOS 5D markII / 24-105 F4L

テーマ : スナップ写真 - ジャンル : 写真

428-1.jpg





398.jpg





琵琶湖にて

せっかくのゴールデンウィークなんで、昼から友達と琵琶湖の雄琴へ行ってきました。
もちろん前々回ブログに書いていた、フローターに乗ってのバス釣りです。


今年初のバス釣りでして、ここ数十年最初の日に良い結果が出たためしが
一度も無いことから、不安と期待の入り混じる中、とりあえず記念撮影。

320-1.jpg

友人T氏。彼がH型のフローター乗りです。
フローターには立派なオールと座椅子がついてございます。



320-4.jpg

私。V型のフローターです。VといってもUとちっとも変わりありません。

320-9.jpg




320-8.jpg

頭の上で大きな鷹が2匹飛び回っているので見上げると、木に巣がありました。
広角レンズなので分かりにくいですが、鷹は両手を広げたぐらいの大きさで
魚を捕まえてきては、雛に与えている様子。



320-3.jpg

ボートとは違い、フローターでの釣りは水面から近い位置なので、
自然にとけこむ感じがしていいんですよ~。
魚も逃げないから、時には目の前でバシャッ!と食いついてくることも!



で、釣果のほどは二人とも予想通りの「0」でした(笑
いやぁ、釣れないとただルアーを投げるという動作とバタ足を
繰り返していただけですからねー。ドッと疲れが出ます。


天気は晴れてたんですが、水温はビビルほど冷たくて、風邪と波もきつかった。
これでは釣れなくても仕方ないやとお互い慰めあいながらの帰り支度。
けど自然を堪能できたからよしとするかな。







320-6.jpg

私。アリゲーターガーには襲われませんでしたが。


テーマ : バスフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

フローターとは

フローター
野池や湖などの比較的波の少ない場所で
水面に浮きながら主にバス釣りを楽しむための乗り物です。

ほとんどのものがゴムボートと同じ素材で出来ていて
見た目はしっかりとした浮き輪といった感じですかね。



種類
基本形のO型、乗降に便利なU型・V型、進化系のH型。

O・U・V型には人が水中へズリ落ちないように座れる布(大人用オムツ)が
取り付けられています。



floater.jpg



フローターの魅力
なんといっても手軽・小回りが利く・どこでもバス釣りを
楽しめることでしょうか。

用意するものは竿、リールルアーフローター空気入れ足ひれ
ウェーダー(防水のゴムパンツ)、そして同行する友人です。

フローターはひっくり返ると高確率で死にます

なぜならタップリ水分を吸収した大人用オムツにフローターと下半身を固定され
脱出できなくなってしまう
からです。恐ろしいですね!

友人には、そういったピンチの時に助けてもらいましょう。
ですから酒の席では「お前がひっくり返った時は俺が必ず助ける」
といった信頼関係を築いておくことを忘れてはなりません。

しかし溺れる人を助けるリスクを考えると、静かに見守るのが正解でしょう。


あとイラストではウェーダーを着用していませんが、琵琶湖の外来魚が増えている昨今、
カンディルアリゲーターガーの性的攻撃を考えると、スッパはお奨めいたしません。

---------------------------------------------------------------------------------

さぁ、これで準備が完了しましたね。
これからがブラックバスのシーズンです。
友人を誘っていざ琵琶湖へ!

レッツ・ハッピー・フロート! (一部嘘・BJ含む)




テーマ : 今日のイラスト - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。