スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inbal Pinto Company「Hydra」

inbal.jpg

本日、以前から公演を楽しみにしていた、インバル・ピント・カンパニーの
「ヒュドラ」を観て参りました。
彼らの作品は色彩豊かで、奇抜なダンス・メイク・衣装を想像していましたが、
今作品は今までとは違ったシンプルなもので、最初「あれっ?」と思ったものの
気が付けば、するするっと夢の様な世界に引きずり込まれてしまいました。
大植真太郎さんと森山開次さんの演技も他のダンサーよりも輝いていたし、
舞台や演出も本当に素晴らしかったです。
個人的には、以前に見た「オイスター」以上に好きな作品となりました。
彼らの作品、まだ映像化されていないようで(信じられない!)DVD化に
なったら見る価値ありです。

【紹介映像】
http://strenweb.com/asx/?ref=mms://sg33.streamrental.com/383/saitamaIP.wmv
【画像「オイスター」】
http://www.pbase.com/eharel/inbal_pinto_oyster
【オフィシャル】
http://www.inbalpinto.com/
スポンサーサイト

テーマ : ダンス - ジャンル : 学問・文化・芸術

生皮を身にまとったフランス女性。

鶏の皮で身を包み、パフォーマンスも立体造形も音楽までも
やっちゃったりで、そのどれもがある一線を越えています。anne.zimmermann1.jpg

Anne Zimmermann
執拗なまでにチキンに執着しているフランス人(おそらく)の女性。
やっている事に共通点の多い「鳥肌実」と照らし合わせてみても
どうやら「鳥」という部分に何かしらのキーワードがあるのでは
ないかと踏んでおります。
あと人間が人間の生皮を身にまとうと非常に怖い事になるのは
レザーフェイスで証明済みでしたが、
「身近な生き物でも意外といけちゃう?」というわけで、
来年のハロウィンは何かの「生レザー」で勝負したいとおもいます。

どのページも興味深いですが、とりあえず雰囲気を見たい人に。
動画はこの辺り


フランスに足を運ぶ機会があれば是非観てみたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。