スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland Topor (ローラン トポール)



Roland Topor (ローラン〈ド〉 トポール)

トポールを知る上で、まず欠かせないのが「ファンタスティック・プラネット」。
ルネ・ラルーが製作したアニメーション映画でキャラクターや背景を請負うも、
製作途中でラルーと衝突し、トポールが映画製作を投げ出してしまう。
それでも内容はトポール節全開となっていますので必見!

ルネ・ラルーのその他映画の作品は非常に面白いです。
時の支配者〈デジタル・ニューマスター版〉
ルネ・ラルー傑作短篇集
ルネ・ラルー コンプリートDVD-BOX




本題のトポールですが、彼の絵は心底エロ、そしてユーモアがあって、グロさも品良く抑えながら、どこかに世相を切り取った風刺を入れていたりもする。
そんなセンスの良さを、おバカさで隠していたりして。
うーん、本当に愛しいおじさんだ。

トポールの画集は「TOPOR dessins Paniques」が作品の掲載が豊富でオススメなのですが、日本・アメリカでは非常に手に入りにくいです。
しか~し!私が買ったのは、一乗寺にある「恵文社」さん。
http://www.keibunsha-books.com/
とてもセンスのいいお店なので、是非足を運んでみて下さい。
(遠くの方は、通販もやっているので在庫を問い合わせてみて)



ローラン・トポール関連リンク
http://toporetmoi.over-blog.com/
(トップページ左のアイコンから見れます。)
http://free.art.pl/topor/

スポンサーサイト

テーマ : 映像・アニメーション - ジャンル : 学問・文化・芸術

Miles Aldridge

milesaldridge.jpg

Miles Aldridge

今までの望みが崩れるほどに

想像もしなかった☆☆が

何の前触れもなく

決して取って代われない

誰かの現実として

目の前に現れたら......


Art and ghosts

zb5.jpg


art and ghosts
絵、写真、コラージュのどれもが可愛い。
どこか懐かしいようで新しい、日本的な部分もあったりして面白いです。

テーマ : 絵本・制作・イラスト - ジャンル : 学問・文化・芸術

P-JAY FIDLER

pjay.jpg


P-JAY FIDLER
http://www.pjfidler.com/

サイトがリニューアルされていました。

Paypalが使える人ならプリントも買えちゃうなんて
便利な世の中になったもんだなぁ。
(スケートボードなら$50!)

テーマ : 絵画 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Inbal Pinto Company「Hydra」

inbal.jpg

本日、以前から公演を楽しみにしていた、インバル・ピント・カンパニーの
「ヒュドラ」を観て参りました。
彼らの作品は色彩豊かで、奇抜なダンス・メイク・衣装を想像していましたが、
今作品は今までとは違ったシンプルなもので、最初「あれっ?」と思ったものの
気が付けば、するするっと夢の様な世界に引きずり込まれてしまいました。
大植真太郎さんと森山開次さんの演技も他のダンサーよりも輝いていたし、
舞台や演出も本当に素晴らしかったです。
個人的には、以前に見た「オイスター」以上に好きな作品となりました。
彼らの作品、まだ映像化されていないようで(信じられない!)DVD化に
なったら見る価値ありです。

【紹介映像】
http://strenweb.com/asx/?ref=mms://sg33.streamrental.com/383/saitamaIP.wmv
【画像「オイスター」】
http://www.pbase.com/eharel/inbal_pinto_oyster
【オフィシャル】
http://www.inbalpinto.com/

テーマ : ダンス - ジャンル : 学問・文化・芸術

シカゴのイラストレーター travis lampe

シカゴのイラストレーター travis lampe
travislampe.jpg

ゲイリー・ベースマンと少し似ていますね。
けどこちらは少しユーモアがあって、可愛い感じ。
こういったタッチや配色はお国柄なのでしょうか。
朝食用シリアルのパッケージデザインも手がけているそうなので、
もしこんなのを見つけたら絶対買っちゃうもんね。
普段の生活から、こういったデザインや色の感覚を身に付けて
いるんだから、ほんとアメリカの子供たちって恵まれてるなーって思う。

テーマ : イラスト - ジャンル : 学問・文化・芸術

生皮を身にまとったフランス女性。

鶏の皮で身を包み、パフォーマンスも立体造形も音楽までも
やっちゃったりで、そのどれもがある一線を越えています。anne.zimmermann1.jpg

Anne Zimmermann
執拗なまでにチキンに執着しているフランス人(おそらく)の女性。
やっている事に共通点の多い「鳥肌実」と照らし合わせてみても
どうやら「鳥」という部分に何かしらのキーワードがあるのでは
ないかと踏んでおります。
あと人間が人間の生皮を身にまとうと非常に怖い事になるのは
レザーフェイスで証明済みでしたが、
「身近な生き物でも意外といけちゃう?」というわけで、
来年のハロウィンは何かの「生レザー」で勝負したいとおもいます。

どのページも興味深いですが、とりあえず雰囲気を見たい人に。
動画はこの辺り


フランスに足を運ぶ機会があれば是非観てみたいです。

煩雑ブログを始めました

みなさんこんばんは、sasaruです。
元のサイト煩雑危惧種とは別にブログを始めました。
こちらではお気に入りのアウトサイダーなモノをいろいろと紹介していきます。
5年先の事なんてサッパリ分からない、お先真っ暗ー!ってぼやいてるぐらいなら、ちょっとイッてるぐらいじゃないと面白くないじゃなーい?
the_tender.jpg

bunnywax

ということで、さっそくお気に入りのJOHN CASEYなんだけれども、よく描き込んだ線からは男物のフレグランスが香ってくるようで、一番気になるのはこの人の描くスーツがとても渋くてかっこいい。背景を描かないで、大きな顔などをボーンと置いたりなんかして妙な空間を上手く作ってるなぁ。

テーマ : イラスト - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。