スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくと、ヤブ医者と、あの世逝き

08.jpg


最近撮ったフイルムがだいぶ溜まってきたので、
シコシコと現像に励んでおったのですが、どうも喉の調子が悪く、
その時は気にしないで寝ちゃったら
次の日扁桃腺がポンポンに!

とにかく仕事を終らせて耳鼻科にいったのですが、
そこは西院きってのヤブ医者「●島耳鼻咽喉科」。
そう、私はあえて●島を選んだのではなく、
そこしか開いてなかったんです。

そこの●島先生のルックスは、髪を紫に染め上げた、
ベーシックなおばちゃんでして、だがしかし、
こんな人が先生でいいのか?と眼を疑う光景が
展開されるのです。

例えば鼻の穴を広げる器具、舌にあてがう平たい器具などは、
使い終わると足元に置かれた金属トレーにポイッと放り投げます。
もちろん「カシャーン」という音が響き渡りますが、看護婦は慣れたもの。
気にも留めません。
その程度なら「がさつなオバハンだ」程度で済みますが、
トレーに入り損ねた器具に対して、想像を超えた行動に絶句。

「足で蹴飛ばして、機械の下に蹴り込みやがった」

薄汚れた白いツッカケが脳裏に焼きつく。
当然の如く、診療も適当極まりなく、治る病気も悪くなるっつーもんです。

案の定、夕方から夜中の4時まで39度の熱をキープし、
40度の自己ベスト
記録することができました。
ええ、死ぬかと思いましたよ。
死にそうになったら救急車を呼ぼうと決心していましたが、
体が5つになる幻覚みたいのが出だしたら、そんな考えも無くなってました。
スポンサーサイト

テーマ : モノクロ - ジャンル : 写真

Comment

こんばんは。
風邪流行ってるみたいですね。
私ものどやられたんですけど、薬を飲み続けてなんとか快方に向かってます。
40度の熱って経験ないですけど、どうぞあまり無理せずに、現像とかは体が良くなってからにしましょう^^

おぉ、タツヤさんも喉にきましたか~。
ことしの風邪は喉から来るのかな?
しかし快方に向かってるということで、なによりです。

最近は暗室ばかりにこもってるので、たまには運動でもして体を鍛えないとだめですねー。
Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。